エントリー

2016年08月の記事は以下のとおりです。

暑中のご挨拶

  • 2016/08/01 08:29

 暑中お見舞い申し上げます。
 この春に発覚した三菱自動車の燃費不正問題は、同社の自動車販売台数の落ち込みに直結した模様で、日産自動車との資本提携を早める結果となりました。企業が信用・信頼を得るには長い年月を要するのに、失うのは一瞬です。規模・業種を問わず、信用・信頼の継続が企業にとっていかに重要であるかを改めて認識させる出来事でした。
 平成29年4月に予定されていた消費税率の10%への引上げが、2年半延期され平成31年10月となります。準備に追われていた企業は時間的余裕ができるようです。一方、消費税率引上げによる税収入増は、社会保障政策(年金・医療・介護・少子化)に充てられることになっているため、この財源をどうするかが今後の問題となっています。
 8月5日~21日までブラジル・リオデジャネイロでオリンピックが開催され、4年後には東京大会が開催されます。オリンピック景気の波及効果を期待します。

 皆様方の益々のご発展とご健勝を祈念し、ご挨拶といたします。

医療控除 眼科医に支払う治療費等

  • 2016/08/01 08:28

①レーシック手術の費用
 レーシック手術は、角膜にレーザーを照射して近視や乱視などを治療し、視力を矯正する手術で、眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものです。それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価に該当し、医療費控除の対象となります。
②オルソケラトロジー治療の費用
 オルケソケラトロジー治療の費用は、角膜を矯正して視力を回復させる治療の対価として支払われるものであり、医師による診療又は治療の対価に該当し、医療費控除の対象となります。
③眼鏡やコンタクトレンズの購入費用
 近視や遠視などのために日常生活の必要上購入する眼鏡やコンタクトレンズの購入費用等は、視力を回復させる治療の対価に該当しませんので、医療費控除の対象となりません。

不動産所得が赤字のときの損益通産

  • 2016/08/01 08:27

 不動産所得は、その年中の不動産所得に係る総収入金額から必要経費を差し引いて計算します。
 この結果、不動産所得の損失(赤字)があるときは、他の所得(黒字)と差引計算(損益通産)を行います。
 しかし、不動産所得の損失のうち、次の①~③の損失の金額は、その損失が生じなかったものとみなされ、損益通産することができません。
 ①別荘等のように生活に通常必要でない資産の貸付けに係るもの
 ②土地等を取得するために要した負債の利子に相当する部分の金額で一定のもの
 ③一定の組合契約に基づいて営まれる事業から生じたもので、その組合の特定組合員に係るもの

ワンポイント!山の日

  • 2016/08/01 08:26

 本年から8月11日が、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日として国民の祝日「山の日」になり、これにより、祝日の年間日数は16日となりました。
 山の日の祝日化への動きは国際山岳年である平成14年頃から始まり、平成26年5月に議員立法により山の日を祝日とする法案が成立しました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed