エントリー

ジュニアNISA 未成年者口座の開設者が出国した場合

  • 2016/05/02 17:23

 ジュニアNISA(未成年者小額投資非課税制度)の未成年者口座の開設者が出国し、居住者等に該当しないこととなった場合、その時の年齢により次のように取扱われます。

1、3月31日時点で18歳である年の前年12月31日までに出国する場合出国の日の前日までに未成年者口座の開設先の金融機関に「出国移管依頼書」を提出します。
 なお、出国したときは、未成年者口座に受け入れた上場株式等の全てが課税未成年者口座に移管されます。
〔1月1日時点で19歳である年の12月31日までに帰国した場合〕
 帰国後に未成年者口座で取引を行う場合には、未成年者口座の開設先の金融機関に「未成年者口座を開設している者の帰国に係る届出書」を提出します。
 なお、出国時に未成年者口座から課税未成年者口座に移管した上場株式等を、帰国後に未成年者口座に移管することはできません。
〔1月1日時点で20歳である年の1月1日以後に帰国した場合〕
 帰国後に未成年者口座で取引を行うことはできませんが、NISA(小額投資非課税制度)の非課税口座を開設し、取引を行うことができます。
 なお、払出制限が解除されているため、出国の際に課税未成年者口座へ移管した上場株式等を払い出すことができます。

2、3月31日時点で18歳である年の1月1日以後に出国する場合
 出国の日の前日までに未成年者口座の開設先の金融機関に「未成年者出国届出書」を提出します。
 なお、出国したときは、未成年者口座は出国の日に廃止されますが、払出制限が解除されているため、未成年者口座等に受け入れた上場株式等を、出国の際に非課税で払い出すことができます。

ページ移動

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed