エントリー

消費税 基準期間が免税事業者であるときの課税売上高

  • 2018/05/01 15:46

 消費税の課税事業者となるかどうかは、原則として、基準期間における課税売上高が1000万円超であるかどうかで判定されます。基準期間が免税事業者であった場合、その課税売上高には消費税等は含まれていないこととなります。そのため、基準期間における課税売上高は、課税資産の譲渡等に伴って収受し、または収受すべき金額の全額となり、それをもとに納税義務を判定します。例えば、基準期間が免税事業者で、その基準期間の売上高が1080万円であった場合、税抜計算をすると課税売上高は1000万円以下となりますが、そのような計算を行った金額で判定するのではなく、あくまで課税資産の譲渡等に伴って収受し、または収受すべき金額の全額である1080万円で判定することとなります。
 したがって、この事例のケースでは、納税義務があることとなります。

ページ移動

ユーティリティ

2018年07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed